crezit

Press release

アコム株式会社との『Credit as a Service (CaaS)』導入及び新規事業創出に向けた業務提携の協議に関する合意を締結

Crezit Holdings株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:矢部寿明、以下「Crezit」)とアコム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木下政孝、以下「アコム」)は、2021年10月19日に、Crezitが提供する『Credit as a Service (CaaS)(※)』の導入および新規事業創出における業務提携に向けた協議を開始することについて合意いたしました。

アコムに対する『Credit as a Service』の提供および業務提携により、Crezitおよびアコムはあらゆる企業に対して消費者信用事業への参入機会を創出するとともに、お客さまにシームレスな金融体験を提供していきたいと考えております。
消費者金融業界のリーディングカンパニーであるアコムの実績・ノウハウとCrezitが有する『Credit as a Service』を融合することで、より多くのお客さまに対して最適な金融サービスが届く世界を目指してまいります。

(※)『Credit as a Service (CaaS)』とは ( https://crezit-holdings.com/ )
金融サービス構築に必要なシステム基盤やオペレーションを提供していくプラットフォームです

検討の経緯

Crezitは消費者信用事業(貸金・割賦販売等)に参入したいあらゆる企業に対して、金融サービス構築に必要なシステム基盤やオペレーションを提供していく『Credit as a Service (CaaS)』を開発・提供しております。
Crezitとアコム社は、「MUFG Digital アクセラレータ」の第五期をきっかけに新たな与信サービス創出の可能性について検討を重ねてまいりました。今般の業務提携の協議に関する合意では、金融機関とのパートナーシップ第一弾として、Crezitがアコム社に対して『Credit as a Service (CaaS)』の導入を行い、新しい与信サービスの立ち上げを協働で検討してまいります。