crezit

Press release

アコム株式会社との業務提携契約を締結

当社とアコム株式会社とは、2022年3月18日にアコムの新設子会社への『Credit as a Service Platform』導入および新規事業創出について業務提携契約を締結いたしました。

業務提携の主な内容

消費者金融業界のリーディングカンパニーであるアコムの実績・ノウハウとCrezitが有する『CaaS PF』を融合することで、より多くのお客さまに対してシームレスで快適な金融サービスが届く世界を目指し、次の点について取り組んでまいります。

(1) アコム新設子会社へのCaaS PF導入
 CaaS PFを導入することにより、Crezitの持つスピーディーかつ柔軟なシステム基盤を活用し、システム構築を速やかに行うことで、あらゆる事業者による消費者信用事業への迅速かつ効率的な参入を実現します。

(2) アコム新設子会社におけるCredit as a Serviceの創出
 本業務提携では、アコム新設子会社が金融サービスの担い手となり、Crezitが提供するCaaS PFを利用しながら、エンドユーザーを有する事業者とパートナーシップを組むことによって、パートナーのサービスを利用しているお客さまへ新しい体験の金融サービスを提供してまいります。

【Credit as a Serviceのイメージ図】

アコム新設子会社概要(予定)

■名称 : GeNiE株式会社
■事業内容 : エンベッド・ファイナンス事業
■資本金(資本準備金) : 5億円
■株主構成 : アコム株式会社 100%

代表者コメント

(1)アコム株式会社 代表取締役社長 木下 政孝
 アコムは、人々に「今欲しい商品」、「今受けたいサービス」を手にして頂くため、これまでもローン・クレジットカード事業を通じて、消費者信用サービスの提供に尽力してまいりました。
今回の業務提携は、アコムの新たな展開として、Crezitが持つ柔軟性の高いシステムとアコムが持つ運営ノウハウを「プラットフォーム化」し、新設会社とCrezitが共同で事業者にサービスを提供します。
 さまざまな事業者のサービスをご利用されるお客さまに対して、シームレスな金融体験を提供することで、事業者のサービスの差別化やお客さま満足度の向上に貢献できます。当初はアコムの強みであるローン商品から提供を開始しますが、段階的な金融商品の拡充を通じて、新しい消費者信用マーケットを築いてまいります。

(2)Crezit Holdings株式会社 代表取締役 矢部 寿明
 Crezitは「信用を最適化して、人の可能性を解き放つ」というミッションの元に立ち上がった創業3年のフィンテックスタートアップです。
 弊社のCredit as a Serviceというプラットフォームに多くのステークホルダーを巻き込むことで、より大きなイノベーションを生み出していくことができると強く信じています。
 多様化する顧客接点や体験、それに伴い増加するデータをうまく取り込むことで、これまでに実現が難しかったような消費者信用サービスをアコム社とともに創出し、お客様に対して最適な与信を届けていきます。
 今回アコム社との業務提携を大きなきっかけとして、消費者信用産業が積み上げてきた産業史に新しいページを追加できるようなチャレンジへと昇華させて参ります。