crezit

Press release

総額6.5億円の資金調達を実施

当社はこの度、デライト・ベンチャーズ、Spiral Capital、千葉道場ファンドを引受先とする第三者割当増資により、総額6.5億円の資金調達を実施いたしました。

本ラウンドの投資家一覧

本ラウンドからの新規投資
・ デライト・ベンチャーズ
・ Spiral Captial

既存投資家による追加投資
・千葉道場ファンド

資金調達の背景

当社は「Optimize Credit, Unleash Potential. / 信用を最適化して、人の可能性を解き放つ。」をミッションに掲げ、2019年3月に創業したスタートアップです。消費者信用事業(貸金・割賦販売など)に参入したいあらゆる企業に対して、金融サービス構築に必要なシステム基盤やオペレーションを提供していく『Credit as a Service(CaaS)』を開発・提供しております。

このたび調達した資金は、採用・組織体制の強化、『CaaS』の開発に充てる予定です。フリーランスやギグワーカーなど、人々の働き方や生活様式が大きく変わるいま、新しい与信の仕組みを創出することで、より多くの人が金融の力を適切に享受できる社会の実現が求められています。当社の開発・提供する『CaaS』は、そうした社会実現に向けた第一歩であり、その先に見る「信用の最適化」に向けて歩を加速してまいります。

なお、今回の調達をうけ、シードラウンドを含めた累計調達額は約9.2億円となります。

詳細はこちらをご覧ください:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000043526.html